業者に依頼する事にもデメリットがある

高額な制作費が必要となる

ホームページを制作会社に作ってもらうと素人にはとてもまねできないようなクオリティの高いものが納品される可能性が高く、それだけで大満足といえることが多いですが、デメリットも存在します。
まず、一番の問題になるのは制作費です。ホームページを自分で作ることはできないが、CMSを使えば比較的簡単に作れるらしいといった知識を持っている人の場合、「簡単に作れるなら制作費も安いはず」と思い込んでいることが少なくありません。しかし、実際には一ページあたり数万円、合計で50万円、あるいは100万円といった金額になってしまってもまったくおかしくないのです。
また、高額な制作費を払ったからといってアクセス数が多くなるとは限らず、ホームページを作ってもらったこと自体が無駄に終わる可能性もあります。

依頼すべき制作会社を間違ってしまう

制作会社の実力を見誤りやすいというデメリットもあります。ホームページ制作会社の実力は下から上まで本当に幅が広く、制作するサイトはどこかで見たことのあるようなデザインばかり、という制作会社があってもまったく不思議ではありません。反対にリーズナブルな費用でオリジナリティがあり、SEOなどでも優れるサイトを作ってくれる制作会社ももちろん存在します。
問題はこうしたホームページ制作会社の能力を見分ける手段がほとんどない点です。そのため、地元の業者だから、あるいは電話で営業されたからといった理由で制作を依頼したものの、納品されたホームページの質にまったく満足できず、そのあと調べてみたら制作費自体もほかの業者と比べて割高だったといったことがあり得ます。
こうした問題を回避するためには、制作会社は最初から一社に絞らず、複数の会社にプレゼンをさせるなどして比較することです。

© Copyright Good Website Design. All Rights Reserved.